顔にあるほくろが気に入らないなら美容整形手術でほくろ除去をするのが良い

自分の顔などにあるほくろが邪魔だと思っている人は、思いきってほくろ除去をしてみてはどうでしょうか。

顔の目立つ部分にほくろがあるせいで、顔の印象が悪くなっているという悩みは美容整形で解決できます。

例えば鼻の下などに大きなほくろがあると、そればかりが目立ってしまったり、自分がしたいメイクの雰囲気に合わないなどの悩みが出てきますが、ほくろ除去の手術を受けて取り除けば顔の雰囲気が変わりメイクも楽しめます。

今回は、美容クリニックなどで利用できるほくろ除去についてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

ほくろ除去はレーザーやメス、クリニックによってほくろを除去するやり方は違う

ほくろを除去する手術は、利用する美容クリニックによってやり方が異なる場合があります。
また、ほくろの大きさによって使う手段を変えている所もあります。

ほくろ除去には炭酸ガスレーザーを照射して問題の部分を蒸散させる方法や、電気メスや高周波メスなどでほくろを切除する方法がよく使われています。

顔にあるほくろだけでなく、手や体のほくろを取ってもらうこともできます。

ほくろが沢山ある人は一度に複数のほくろを除去することも可能ですが、費用はその分高くなることが考えられるため、料金について確認するのが良いでしょう。

ほくろ除去の手術は痛くない

ほくろ除去を行う前には局所麻酔をする場合がほとんどなので、手術の最中に痛みを感じることはほぼないでしょう。

ほくろ除去にかかる時間はクリニックによって違いますが、レーザーでもメスでも30分以内で手術が完了することが多いため、忙しい人にも利用しやすいでしょう。

ほくろ除去をした後のケア・ほくろ除去後の肌に起こる可能性がある影響

ほくろをレーザーやメスで取り除いたら、肌の一部が欠けたような状態になります。

その傷は自然治癒力によって時間が経つにつれて塞がっていくことがほとんどなので、クリニックで処方された塗り薬などを塗って様子を見るようにすれば問題ないでしょう。

手術を受けた部分に腫れや赤みなどの影響が出ることがありますが、大抵の場合は時間が経てば治まります。

傷が治るまでには1週間から2週間ほどかかりますが、その間に傷ができている部分をこすって傷つけないようにするのが大切です。

クリニックによっては肌色のテープをくれるため、それを傷の部分に貼って顔全体にメイクをすることも可能です。

ほくろがまた出てきた時にも除去できる

ほくろは除去する時に細胞を全て取り除けていないと、同じ部分にまた出てくることがあります。

このようなほくろの再発はまれに起こることがありますが、もう一度治療すれば除去できるので心配はいりません。

クリニックによっては再発した場合には格安な費用で再治療してくれることもあるので、カウンセリングの時に確認しておくと安心かもしれません。

ほくろなのかシミなのかわからない場合もまずは診察を受けよう

顔の目立つ部分にあるとコンプレックスになってしまうこともあるほくろですが、自分ではほくろなのかシミなのかがわかりにくいという場合もあるでしょう。

そのような場合もクリニックを受診してほくろ除去について相談すれば、最適な治療法を提案してもらえるため、まずはカウンセリングを予約するのがおすすめです。

ほくろ除去は意外と短時間で受けることができ、除去することで顔の雰囲気が大幅に変わることが期待できるので、悩んでいるなら受けるのがおすすめの治療と言えます。

ほくろが気になっている人は美容整形手術を利用して、顔の印象を良くしてみてはいかがでしょうか。